美容 ダイエットと健康と美容

目の下のたるみマッサージ

目の下のたるみを解消するために、目元をマッサージすると、代謝が高まって効果があります。


マッサージを行うと、目の下のたるみの予防になるだけでなく、皮下脂肪がつきにくくなるのです。


強くしすぎず、適度な力でするマッサージは、血行もよくなり、新陳代謝をよくするので効果的です。


肌もターンオーバーが正しくなり、たるみの元である皮下脂肪もつかないようになります。


マッサージは指の腹で、こめかみから目の下へ軽く押すようにして行いましょう。


目の下のマッサージをしたら、次は目の上に持っていってまたこめかみに戻り、そこを押すようにすると、血流もよくなります。


また、目をぎゅっとつぶったりぱっと開いたりを繰り返すだけでも、マッサージの効果があって、目の周りの筋肉を鍛えることになります。


表情筋という顔の筋肉を鍛えるために、顔を中心に寄せるようにして5つ数え、その後外側に力を入れて開くようにする方法があります。


目元に力を入れたり、眉を上げてみたり、というような普段使わない筋肉に力を入れることも、目の下のたるみ解消に役立ちます。


しかし皮膚が薄い人は、そのせいでちりめんじわを作る元になるので、事前に保湿をしっかりするといいでしょう。


化粧水などで肌を整えるとき、目のまわりを軽くタッピングすると、血行がよくなって効果的です。


とてもデリケートな目の下は、強くこすったりするような扱いは控えなければなりません。

目の下のたるみの原因

目の下にたるみを作ってしまう要因は、老化のほかにもあります。

目の下のたるみの中身は実は脂肪で、目の周囲の筋肉の力が落ちてくると肌の弾力性も低下し、目の下の脂肪を支えられなくなって垂れ下がります。


血行不良やリンパ循環の低下により、余分な水分や脂肪を排出できずに皮下組織の脂肪細胞が増加するので目の下のたるみの原因になります。


生まれ持った体質により、目の下の脂肪も多い人、少ない人がありますが、もともと目の下の脂肪が多ければ、たるみやくまもできやすくなります。


目の下に脂肪が多いと皮膚の色素沈着が濃く見えて、目の下のくまの原因になります。


もともと目が大きい人や頬骨がはっている人などは、目の下にたるみができるようです。


筋肉の衰えには日常生活にも要因があります。


パチンコを長時間するとか、パソコンをずっと見る生活などをしていると、瞬きが減って目のまわりの筋肉は弱まります。


油分を多く使った化粧品を使いすぎると、目の下のたるみが起きることもあります。


よく基礎化粧品に使われている油性成分や界面活性剤が肌の弾力繊維を壊すことで、目の下のたるみへつながっていたりします。


紫外線は、皮膚の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンの弾力を失わせます。


それで長時間紫外線の元にいたりすると、皮膚は弾力性を失い、目の下のたるみができやすくなるのです。



タグ: たるみ 原因